特集

昆布村について

昆布の里「尾札部」から、昆布の「うま味」を、まいにちの食卓に。

「尾札部」の風土と歴史。ここに息づく、昆布へのこだわり。豊かな美味しさを届けたいというお客さまへの、まっすぐな気持ち。その全てが、私たち昆布村の品質です。

昆布村イメージ
尾札部の景色
尾札部の昆布漁の様子

北海道・尾札部の昆布

北海道・函館市の東側に位置する旧南茅部・尾札部町。
道南一円でも特に昆布漁が盛んなこの土地は、最良の昆布が採れる“上浜”として全国に名を馳せてきました。
北海道で唯一親潮と黒潮の混ざり合う栄養豊富な海を持ち、更には近隣の山々から天然のミネラルが川を伝い流れ込むことで、昆布が生まれ育まれるためのこの上ない環境となっています。尾札部の真昆布はその切り口が白いことに由来し、白口浜真昆布と呼ばれています。その身は厚く澄んだうま味あるだしが取れることから古来より上物として扱われ、時の有力者に珍重されてきた歴史を持ちます。数ある北海道の昆布の中で唯一、朝廷や将軍家に献上された“献上昆布”としての質と品柄は、時代が経った今も変わる事なく生産者が守り続け、この町の名がそのまま上質な昆布のブランドとして知られる所以となっています。

昆布は栄養価の高い食品として以前より注目されてきました。特にがごめ昆布は他の昆布に比べ、栄養成分・フコイダンが2倍以上も含まれており、健康食品として扱われることも珍しくありません。
しかし昆布は、健康に良いばかりではありません。
食材として決して主張し過ぎず、周りと調和し料理を深く美味しく彩ります。昆布だけが持つ豊かな味わい、上質で贅沢なダシのうま味。ここ尾札部の海で育つ、そんな自然由来の美味しさを食卓へ届けたい。昆布の本物の美味しさを、毎日手軽に味わってもらいたい。それが私たち、昆布村の思いです。
尾札部が育んだ美味しさを食卓へ。この昆布の里こそ、私たちの誇りであり、私たちの確かな品質です。

昆布のある食卓

そして、「尾札部」の景色をこれからの商品パッケージにも

日本ギフト大賞2016 北海道賞 受賞 天然がごめ昆布しょうゆ 200ml / 648円(税込)

北海道産丸大豆と小麦、そして希少な天然がごめ昆布を100%使用した、天然の美味しさにこだわった昆布しょうゆです。塩分を抑え、がごめ昆布のうま味を存分に効かせることで、角のとれた “まろやかな味わい”に仕上げました。リピート率が高く“もとのしょうゆには戻れない”と評判の、昆布村の看板商品です。
刺身のつけだれ、煮物・料理の味付けに是非お使い下さい。

商品についての詳細・ご購入はこちらから

ページトップへ